BUY
  • 当店について
  • お買いもの
    • 日本酒
    • 酒器
    • 梅酒
    • 酒かす
    • 食べもの
  • 読みもの
    • 新着順に読む
    • 特集
    • お知らせ
    • 過去の記事
  • お問合せ

 
 
 
こんにちは、「おさけと -osaketo!-」スタッフのにやまです。
 
本日は個人的に気になっていた「ウコンの力」について調べてみました。
 
そもそもウコンってなんだろう?
 
どんな成分が二日酔いに効くの?
 
「ウコンの力」の成分は?
 
二日酔いに苦しむ「お酒大好き」な方々のために
 
「ウコンの力」についてまとめてみました◎
 
 
 
 
【目次】
■そもそも「ウコン」ってなに?
■クルクミンとは?効果・効能について
■「ウコンの力」の成分チェック!
■どのタイミングで「ウコンの力」を飲むのが効果的?
■二日酔いに効くのは「クルクミン」だけじゃない!「稀少成分ビサクロン」
■まとめ

 
 
 
 
ウコン ※いわゆるターメリック=ウコンです。
 
 
 
 

■そもそも「ウコン」ってなに?

 
 
ウコンはインドを中心とした熱帯アジア原産とされる
 
ショウガ科クルクマ属植物の多年草で、
 
日本では沖縄や九州南部などで栽培もされています。
 
種類も20~30ほど見つかっており、
 
日本では「秋ウコン」「春ウコン」などが利用されています。
 
商品名にも、よく記載されていますね。
 
ちなみにカレーのスパイスに使われるターメリックは
 
「秋ウコン」を乾燥させたもので「春ウコン」ではありません。

 
4~5月に花が咲く「春ウコン」
 
7~8月に花が咲く「秋ウコン」は全く別の種類で、
 
成分もかなり変わってきます。
 
 
お酒を飲む方にとっては二日酔いって嫌ですよね?
 
 
この二日酔い対策に利用される成分が「クルクミン」と言って
 
「秋ウコン」に豊富に含まれているんですね。
 
だいたい「春ウコン」の10倍は含まれているようなので、
 
酒飲みには「秋ウコン」であることが、まずは重要なのです。
 
ではその「クルクミン」とは何なのか。効果・効能は?
 
以下に続きます。
 
 
 
ウコン ※ウコンの花はこんなにもきれいなんですね♪
 
 
 
 
 

■クルクミンとは?効果・効能について

 
 
クルクミンは「ウコンの色素成分」でポリフェノールの一種に分類されます。
 
ウコンの粉末って黄色ですよね?
 
この黄色が「クルクミン」ということですね。
 
 
 
ウコン ※黄色い色素が「クルクミン」
 
 
 
その効果としては、以下のようなものが報告されています。
 
 
 
【効果・効能】
・抗酸化作用 ・抗炎症作用
・肝臓を保護する作用
・消化不良を改善する作用
・関節リウマチの改善
・美肌

 
 
 
日本では「アルコールの友」として広まっていますが、
 
欧米では抗がん作用の研究も進められているようですね。
 
二日酔いにもちゃんと効果があるようなので、期待したいところ。
 
参考:ウコン研究所(http://ukonken.jp/
 
 
 
 
 

■「ウコンの力」の成分チェック!

 
 
それでは早速、「ウコンの力」の成分を見てみましょう!
 
いくつか種類がありますが、一番スタンダードなものを選びました。
 
 
 
ウコンの力
※ハウスウェルネスフーズの「ウコンの力 ウコンエキスドリンク」
 
 
 
●原材料名
・果糖ぶどう糖液糖
・秋ウコンエキス
・食塩/酸味料
・増粘多糖類
・ウコン色素
・香料
・甘味料(アセスルファムK、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、ソーマチン)
・イノシトール
・ナイアシン
・環状オリゴ糖
・ビタミンB6
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・乳化剤
 
 
 
●栄養成分 ※1本(100ml)当たり
 エネルギー 20kcal
    脂質 0g
 食塩相当量 0.09g
ビタミンB2 3.0mg
 ナイアシン 14mg
 たんぱく質 0g
  炭水化物 5.0g
ビタミンB1 3.0mg
ビタミンB6 3.0mg
 クルクミン 30mg
    リン 3.1mg(分析値)
  カリウム 46mg(分析値)
     鉄 0.10mg(分析値)

 
 
 
 
これを見る限り「秋ウコンエキス」を配合していて、
 
「クルクミン」も「30mg」は入っているようですね。
 
ちなみに「30mg」は「カレー5杯分」に含まれる量だと言われています。
 
これが多いのか少ないのか、というところですが、
 
食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同会議で
 
体重1㎏に対して[0mg~3mg]までが推奨されているようです。
 
※体重60kgの人であれば、1日の上限目安摂取量は180mgとなります。
 
ですから「ウコンの力」に「クルクミン」はそれなりに入っている、
 
と言ってもいい
のではないでしょうか。
 
 
 
ウコン
※左が通常の「ウコンの力」、右が「ウコンの力 スーパー」
 
 
 
また、「ウコンの力 スーパー」という上位商品がありますが
 
クルクミンの含有量で見てみると、コスパは良くなさそうですね。
 
「クルクミンの量が多い=二日酔いに効く」ということであれば
 
普通の「ウコンの力」を2本飲んだ方が効きそうです。
 
 
・ウコンの力 100ml / クルクミン30mg / 約200円
 
・ウコンの力 スーパー 120ml / クルクミン40mg / 約300円
 
 
 
 
 
ウコンの力
 
 
 
 
 

■どのタイミングで「ウコンの力」を飲むのが効果的?

 
 
ネットで色々と見てみると「お酒を飲む前がいい」とされている場合や
 
「お酒を飲んだ後でも変わらない」という場合もあり、
 
どちらがいいのか曖昧になっています。
 
だたウコン研究所の「ウコン飲料の健常者における二日酔い改善作用」を見てみると
 
効果が確認されているのは「お酒を飲む前」にウコンエキスを摂取して場合となっていますので、
 
やはり飲み会の前に「ウコンの力」を服用するのがよさそうですね。

 
 
参考:(http://ukonken.jp/bisacurone/05.html
 
 
 
 
 
ウコン
 
 
 

■二日酔いに効くのは「クルクミン」だけじゃない!「稀少成分ビサクロン」

 
 
秋ウコンの3~5%にあたるセスキテルペン類などの精油成分には
 
クルクミンだけでなく、「ビサクロン」という成分も微量ながら含まれているようで、
 
こちらも「二日酔いの改善」に効果を示したとのことです。
 
「ウコンの力」にはこの成分も配合されているので、こちらにも期待ですね。
 
 
 
 
 

【まとめ】

 
いかがでしたでしょうか。
 
秋ウコンに含まれる「クルクミン」が「二日酔い予防」に効果的と言われ、
 
効果の程についてはウコン研究所のデータを見る限り、
 
プラセボ(偽薬)に対して「効果が見られた」ということなので、
 
「まったく効果がない」というわけではなさそうです。
 
「二日酔い予防」の手段のひとつとして「ウコンの力」はありだなと思いました。
 
「ウコンの力」であれば飲み会の前に飲んでくださいね。