BUY
  • 当店について
  • お買いもの
    • 日本酒
    • 酒器
    • 梅酒
    • 酒かす
    • 食べもの
  • 読みもの
    • 新着順に読む
    • 特集
    • お知らせ
    • 過去の記事
  • お問合せ

 
 
こんにちは、「おさけと -osaketo!-」スタッフのにやまです。
 
今回は「日本酒(清酒)の飲み方」について、まとめました。
 
「飲み方」というと色々と考え方があるかと思いますが
 
今回は「嗜み方」「選び方」などの意味合いは省いて、
 
「日本酒には、こんな飲み方もあるよ」ということをご紹介したいと思います。
 
是非、参考にしてみてくださいね♪
 
 
 
 
 

■飲み方 その1 日本酒の温度を変えてみる

 
 
飲み方
 
 
 
まず考えられることとして、日本酒の「飲用温度」があります。
 
つまり日本酒を「冷やす」「常温」「温める」ということですね。
 
温度帯によって旨味がでてきたり、香りが立ってきたりしますし、
 
「銘柄によって最適な温度がある」とも言えます。
 
 
日本酒の温度帯で「呼び方」も変わりますが、
 
まぁ、ここは一般家庭で楽しむ時には、あまり気にしなくていいかと思います。
 
 
 
●飲用温度で変わる呼び方の種類
 

呼び方 温度
冷酒 雪冷え(ゆきびえ) 5℃
花冷え(はなびえ) 10℃
涼冷え(すずびえ) 15℃
常温 冷や(ひや) 20 – 25℃
お燗 日向燗(ひなたかん) 30℃
人肌燗(ひとはだかん) 35℃
ぬる燗(ぬるかん) 40℃
上燗(じょうかん) 45℃
あつ燗(あつかん) 50℃
飛び切り燗(とびきりかん) 55 – 60℃

 
 
 
この他にも「燗冷まし」という飲み方もあります。
 
簡単に言うと「温めた日本酒を冷まして飲む」ということなんですが
 
例えば温めて「ぬる燗」の温度にしたものと、
 
「あつ燗」の温度まで上げてから冷まして「ぬる燗」の温度にしたものだと
 
味わいはかなり変わってくるんですね。
 
(初めて「燗冷まし」を体験した時、感動したのを覚えています)
 
お燗にして飲むのであれば「燗冷まし」も是非お試しください◎
 
 
 
 
 

■飲み方 その2 ワイングラスで飲んでみる

 
 
飲み方
 
 
 
日本酒を楽しむ上で「おちょこ」など様々な酒器がありますが、
 
簡単なところでおすすめしたいのが「ワイングラス」です。
 
ワイングラスはその形状から非常に「香りが立ちやすい」ので
 
吟醸香などを楽しみたい時に重宝します。
 
一般的に香りの強いとされる大吟醸酒などを入れて飲むのがいいですね。
 
 
 
 
 

■飲み方 その3 オン・ザ・ロックで飲む

 
 
飲み方
 
 
 
これは隠れファンも多い飲み方かと思いますが
 
要は「日本酒に氷を入れる」ということです。
 
抵抗を覚える方も多いかと思いますが、実はかなりオススメです。
 
夏の暑い日に氷に日本酒を注いでキンキンに冷やせば、もう止まらないですね。
 
(オン・ザ・ロックで飲まれる蔵元さんもいらっしゃいますよ♪)
 
原酒や生酒などでお試しいただくと、良さが分かると思います。
 
 
 
 
 

■飲み方 その4 日本酒を凍らせて、シャーベットにする

 
 
飲み方
 
 
 
これも夏に試していただきたい飲み方ですが、
 
冷凍庫で日本酒を凍らせてシャーベット状にして飲む(食べる?)方法です。
 
「氷酒」とか「みぞれ酒」とも言われますね。
 
瓶をそのまま冷凍庫に入れると割れる可能性もありますので、
 
冷凍に耐えうる容器に移し替えて凍らせてみてください。
 
(ちなみに日本酒はアルコールを含むので、いまいち凍りにくいです。)
 
 
 
 
 

■飲み方 その5 炭酸で割って飲む

 
 
飲み方
 
 
 
ちょっと風変わりに思われるかもしれませんが
 
炭酸水やソーダ、コーラなどで割って飲むのも面白いです。
 
その他にもオレンジジュースやトマトジュースなど、ソフトドリンクでもOK。
 
ウーロン茶で割って「日本酒ウーロンハイ」というのもアリです。
 
そもそも日本酒自体が飲みやすいわけですから、
 
お酒がそんなに強くない方でも楽しめると思います。
 
「日本酒カクテル」というのもありますので
 
ぜひチェックしてみてください♪
 
 
 
 
 

■最後に…忘れてはいけない「和らぎ水」

 
 
飲み方
 
 
 
日本酒を飲むのであれば「和らぎ水(やわらぎみず)」を忘れてはいけません。
 
「和らぎ水」というのは日本酒の合間に飲む「水」のことです。
 
洋酒においては「チェイサー」とも言います。
 
水もしっかり飲みつつ日本酒を楽しむことで、
 
ゆるやかに酔いが回り、体への負担も減ります。
 
 
 
 
 

【まとめ】

 
いかがでしたでしょうか。
 
「日本酒の飲み方はこうだ!」ということは全くありません。
 
自分の好きなようにお召し上がりいただくのが一番です。
 
この他にも、まだまだ飲み方はたくさんありますので
 
お気に入りの飲み方を見つけてくださいね◎